添加物って安心?安全? – 【公式】Vgan スーパーフード無添加サプリ

添加物って安心?安全?

サプリメントと添加物の関係とは?

普段、私たちが口にするさまざまな加工食品やサプリメントに共通で使用される食品添加物ですが、「添加物なんてカラダに害を与えるんでしょ?」と、悪いイメージの人も多いのではないでしょうか?

しかし、日本人の食卓に欠かせない豆腐を固める凝固剤として使われている「にがり」も昔から利用されてきた食品添加物のひとつです。これらの添加物は厚生労働省が認可し、安全性が認められているものです。このように、普段の生活に溶け込んでいる添加物ですが、なぜ添加物は良くないというイメージがあるのでしょうか?

それは、過去に国が認めて使用されていた添加物が、ある日突然、「危険なモノ」に変わってしまう、ということが起こるからです。一般的には【指定添加物】と呼ばれ、特に有名なのが、合成着色料です。昭和40年代に、複数の合成着色料に発がん性や肝機能障害を引き起こすことが発見されて、使用禁止になったことがあります。

このように、過去認められていた添加物が突然使用禁止になったり、国内では認められていても海外では使用禁止の国が存在するといったことがあるため、消費者が振り回されてしまい、添加物に対して悪いイメージになったのではないでしょうか。

ではなぜサプリメントに添加物が使われるのか?

それは、味や匂い、色などを良くしたり、保存性を良くしたりするためだけに使われるだけではなく、サプリメントを『製造する過程』で必要だったのです。

サプリメントとコップに入った水

サプリメントを製造する過程で必要な添加物とは?

添加物を一切使わずにサプリメントを作ろうとすると、製造過程で機械に粉が詰まってしまう、湿気を吸ってしまう等により品質劣化などの問題が出てきてしまうため、それらを防止するために使用されるのが『最低限度の添加物』です。

サプリメントを製造する過程で必要な添加物

基本的に、上記以外の添加物(増量剤、着色料、甘味料、香料、保存料など)は、使わなくてもサプリメントを作ることは可能です。しかし、賞味期限を長くしたい、匂いや形をより良くしたいなど様々な理由で添加物が増えてしまいます。粒状、粉状、液体、ゼリー状などさまざまな形状で存在するサプリメントは、毎日ストレスなく摂りいれることが大切です。消費者が続けやすいように味や見た目も考えて製造するため、『添加物を使わざるを得ない』ということもあるようです。

サプリメントに使用されている添加物とは?

サプリメントに使用されている添加物の一部をご紹介したいと思います。
※添加物には複数の用途に使用できるものがありますので、代表的な使用方法を抜粋しております。

サプリメントに使用されている添加物の種類と利用目的の説明
サプリメントを飲む女性

天然由来の添加物とは?

 『サプリメントに使用されている添加物とは?』でもいくつか挙げていますが、添加物は化学合成されたものばかりではなく、食品や天然由来の物もあります。

天然由来の添加物の説明
天然由来の添加物をいくつかご紹介

添加物が気になる方は、このように化学合成されていない添加物を使ったサプリメントを探してみるのもいいかもしれません。

添加物まめ知識①

分かりやすく表示するため、「使用した全ての食品添加物を「物質名」(品名、別名、簡略名または類別名も可)で食品に表示する。」という決まりがあります。

(表示例)

添加物表示例

また、食品添加物の中でも次の8種類は消費者の関心が高いため、分かりやすく表示したほうが理解されやすいということで、物質名に加えて用途名(使用目的)の記載が必要になっています。
⦅甘味料、着色料、保存料、糊料(増粘剤、安定剤、ゲル化剤)、酸化防止剤、発色剤、漂白剤、防かび剤⦆


(表示例)

甘味料(キシリトール)着色料(クチナシ色素)ゲル化剤(ペクチン)など

 

添加物まめ知識②

「食品添加物は、原材料と明確に区分して、食品中の添加物に占める重量の割合の高いものから順に表示する」という決まりがあります。

添加物表示例

添加物以外の原材料についての順番も加工食品や医薬品などを含め、重量(配合)の割合の高い順に表示されています。

 

まとめ

近年はスマートフォンやSNSの普及により、簡単に商品を注文することができるため、手軽に海外のサプリメントを購入することができます。しかし、日本で指定されていない添加物が含まれていることが多いため、日本人の身体にどう影響するかハッキリしないことも多いのです。日本で使用できる食品添加物は、原則として厚生労働省が指定したものだけです。新しいものを試したい気持ちはわかりますが、なるべく日本で作られたサプリメント、または許可されたサプリメントを購入するようにしてほしいと思います。


しかし、日本は添加物天国です。添加物が使用されていない(加工)食品は存在しないといっても過言ではない位に使用されています。近年では、企業努力によって添加物の使用は少なくなってきているようですが、まだまだ添加物ゼロのサプリメントを作るのは難しいと言われています。もちろん、添加物が多すぎるサプリメントは問題外ですが、品質の安定化や飲みやすさにも必要な添加物もあるため、「この添加物は何のために使われているのか?」ということに目を向けてみてはいかがでしょうか。