おいしくてヘルシーな次世代の肉「大豆肉」を食べてみよう♪ – 【公式】Vgan スーパーフード無添加サプリ

おいしくてヘルシーな次世代の肉「大豆肉」を食べてみよう♪

最近はスーパーマーケットなど、身近なお店でも販売されるようになってきた『大豆肉』ですが、みなさんは食べたことありますか?

次世代の肉の代わりに、大豆を主原料とする植物由来の「肉」が、日本でも注目され始めています。日本人には馴染み深い大豆から、なぜ大豆肉というものが作られるようになったのか、ご紹介したいと思います。

 

大豆肉とは何?

 大豆肉とは大豆の油分を絞り、過熱・加圧・乾燥をさせてできたもので、「フェイクミート(代替肉)、ソイミート」とも言われます。代替肉と呼ばれるモノはほかに、そら豆やエンドウ豆などを使った「大豆以外の植物性原材料を使ったもの」や、小麦による「グルテンミート」、ラボで培養された「培養肉」などがあります。

 もともと肉食文化のアメリカで、近年のヘルシー志向に加え、肉食への罪悪感や菜食主義者の拡大、畜産が地球温暖化に及ぼす影響や近い将来に予測されている食料不足問題への危機感などを背景に、数年前から植物由来の代替肉がブームとなり、日本へと入ってきました。おいしく食べられる代替肉は、未来のタンパク源としても期待が高まってきているのです。

 しかし、この代替肉は欧米と日本ではだいぶ趣が異なります。

 アメリカでは化学的に食肉の構造を洗い出し、それを植物由来のものから抽出したり置き換えたりすることから始まり、さらに「肉汁が滴る」本物の食肉に近いものを販売し、評判になったようです。(ビヨンドミート社、インポッシブルフーズ社など)

 ブームの理由は味、食感、見た目が限りなく本物の肉に近づいたため、「肉と同じようにおいしいのに、肉よりヘルシー」と、普通に肉は食べていたが、よりヘルシーなものを求めた人たちに支持されたからです。

  日本では、アメリカのように肉汁が滴る本物の食肉に近いリアルさではなく、アレンジ自在の乾燥タイプの大豆肉や、ハンバーグといった調理済みの食品が主流のようです。

 大豆以外の代替肉

大豆肉のイイところ ~食肉との違い~ 
1、女性に嬉しい大豆イソフラボン♪

大豆特有の成分である大豆イソフラボンが多く含まれています。大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに近い働きをしてサポートすることが分かっており、次のような働きをしてくれます。

【更年期障害の改善、乳がんリスクを下げる、骨粗しょう症の予防、生活習慣病の予防、美肌のサポート、月経前症候群(PMS)の改善】

 2、食物繊維で腸活の手助け!

動物の肉には食物繊維が含まれていないため、肉料理が中心の生活になると食物繊維は不足しがちになります。肉類に含まれるタンパク質やアミノ酸は、腸内環境を悪化させる原因でもある悪玉菌のエサになり、有害物質を作り出します。そして、腸内に悪玉菌が増えると、便やガスを排出するための腸の蠕動運動が悪くなり、便秘になりやすくなります。また、便秘で腸内に便が残ってしまうと、さらに有害物質がたまってしまい、それが血液に吸収されて全身に行き渡ると、肌の乾燥やニキビなどと言った肌トラブルで表れてきます。

しかし、大豆肉には大豆由来の食物繊維、主に不溶性食物繊維が含まれています。不溶性食物繊維は消化や吸収をする間に水分を含んでふくらみ、便のカサを増して腸を刺激し排便を促したり、さらに水溶性食物繊維も含まれているので、善玉菌のエサになることで腸内環境を整えてくれます。 

3、タンパク質が豊富♪

もともと大豆は「畑の肉」と言われるほど良質なタンパク質を含んでいます。そして、植物性タンパク質はダイエットの際に気になりがちな油脂をほとんど含んでいないため、低脂肪、低カロリーの食事を摂ろうとする際には理想的なタンパク質と言えます。 

4、低脂質・低カロリーで満足できる!

食肉はもともと脂質が多く含まれているため、必然的にカロリーも高くなりがちです。しかし、大豆肉は加工の段階で大豆の油分(脂質)を圧搾して作られるため、含まれる脂質の量がとても少なくなります。家庭で出番の多い豚ひき肉と比べると、豚ひき肉の脂質は100gあたり17.2g、これに対して、大豆肉は100gあたり約1.0g。約95%の脂質をカットできます。また、カロリーも豚肉のほぼ半分です。

大豆肉と豚ひき肉の比較

5、コレステロールフリーでフィトケミカルもしっかり摂れる♪

動脈硬化の原因とも言われ、LDLコレステロール値を上昇させる「飽和脂肪酸」は、肉類など動物性の脂質に多く含まれています。

しかし、大豆にはコレステロールが含まれていないうえ、大豆の渋み成分である「大豆サポニン」には、抗酸化作用の他に、コレステロールの吸収を抑えて代謝を促し、食事から摂った余分なコレステロールを体外に排出して正常値に近づける働きがあります。

大豆肉は女性に嬉しい働きが多い 

美味しく食べるポイント

 調理済みではなく、乾燥タイプの大豆肉の場合、しっかりとお湯で戻して(茹でて)から使用することで大豆の匂いも気にならなくなります。この時、23回お湯を変えることで、さらに大豆の香りが消え、食べたときに肉っぽさが増します。

 

また、慣れないうちは味をしっかりと付けて食べるか、通常の食肉と半々くらいに混ぜて使うことで、健康が気になる家族のサポートができるようになると思います。

 

さいごに 

日本には精進料理として、古来より肉の代わり「肉もどき」として大豆が使われていました。そんな肉もどきだったものが、今や「大豆肉」として世界の食料不足問題や環境問題の解決策と言われる存在になってきています。

コロナ太りを実感したり、生活習慣病が気になるけれどなかなか食生活を変えられない方など、日本人に馴染み深い高タンパク低脂肪の大豆肉をとり入れて、食生活を改善してみませんか。

さまざまな大豆加工品