ニュース – 【公式】Vgan スーパーフード無添加サプリ

ニュース

Vganブランドの特徴

Vganブランドの特徴

Vganは、「もっと野菜を食べよう!」をスローガンに商品開発やサービスの提供を行っています。 ヴィーガンの視点から、より消費者の方に馴染みやすい形でその教えを広めて行きたいと思っています。地球温暖化や食料問題についてはずいぶん前から言われていたことですが、近年の異常気象や急激な人口増加によっていよいよ現実味を帯びてきました。 ヴィーガンは動物性の食べ物だけではなく、化粧品、衣類、家具、身の回りの生活品などすべての動物性の素材を排除した生活を送ります。 これは英国のヴィーガン協会が定めた定義「衣食他全ての目的に於て、実践不可能ではない限り、いかなる方法による動物からの搾取、及び動物への残酷な行為の排斥に努める哲学と生き方を表す」に則って行動しているためです。 このヴィーガンの教えが猛烈な勢いで世界中に広がっています。というのも、近年注目されているSDGsにも即した考え方であり、先の地球温暖化や食糧問題の解決にも繋がる様な活動だからです。 畜産業において、牛、豚、鶏などを育てるのにどれだけの土地と飼料と水が使用され、環境を破壊しているのかということをご存知の方は少ないと思います。 土地の問題としては、家畜の放牧地を確保したり、飼料を生産したりするために、森林伐採が行われ、世界的な農地開発が進んでいます。いま、地球の陸地の26%が、家畜の放牧地に使用されています※1。また、世界中の農地の大部分約75〜80%が、家畜用飼料の生産に使われているのです※2。 水の問題としては、牛や豚などの家畜が育つまでに使った水を計算すると牛肉100gあたり2,060リットル、豚肉100gあたり590リットルもの水が使われています※3。 さらに、問題とされているのが家畜の糞尿などによる水質汚染やメタンガスなどによるオゾン層の破壊などがあります。 これら畜産業をめぐる問題の解決を図る為に、ハイテクを駆使した様々なシステムが開発されてきていますが、環境破壊への防護柵としては、まだまだ機能出来ていないのが現状です。 だからこそ、私たち一人一人が環境問題への意識を高め「出来ることから始める」ことが大切なのです。その一助となりうるのが、Vganブランドです。 ※1. Ripple, W. J., et al. 2014. Ruminants, climate change and climate policy. Nature Climate Change,  4: 2–5. ※2. Foley,...
続きを読む