コミュニケーション

 わたしたちは、健康に必要なことのひとつに人と人とのコミュニケーションが重要だと捉えています。人は一人では生きていけないということを良くいわれますが、健康を築く上でも同様です。

 例えば、病気になった時、看病してくれる家族、治療にあたる医師やそれをサポートする看護師など多くの人が支えとなります。また健康管理をするなかでも例えば、ジムに行って運動するのにトレーナーがついて器具の使い方について教えてくれたり、励ましてくれたりします。パートナーが日々の食事を考えてくれたり、友人がアドバイスを送ってくれたり励ましたりしてくれるでしょう。

 そして、最も重要なことは「誰かのために健康でいたい」という気持ちが自分自身を支えてくれるということだと思います。人はなかなか自分のために健康でいようとは考えにくいものです。

 健康維持のお手伝いとして弊社カスタマーセンターでは健康上の不安や商品についての詳細など何でもご相談頂ける厚生労働省認定講座を受講し試験に合格した健康管理士一般指導員がご対応しています。